なぜ歯は黄ばむの?

こんにちは!ホワイトニングラウンジ吉祥寺です^^
そもそもなぜ歯は黄ばむのでしょうか。
なるべくなら、黄ばみたくないですよね。黄ばみの原因については実はたくさんの原因があるんです。
早速見ていきましょう。

原因1、着色・歯石の付着

【着色】

色の濃い飲み物・食べ物を回数多く食べることで歯に色素(ステイン)が付着しやすくなります。 色の濃さに関わらず、ポリフェノールを含む食品や酸性度が高いものは着色の原因となります。

【歯石】

ブラッシングがうまくできていないと、プラークが落としきれず蓄積されると、石灰化して歯石になります。 一度歯石になってしまうとブラッシングで落とすことはできません。 また、歯石自体が黄色みがかっているので、黄ばみのある歯に見えます。 ※プラークとは歯垢(細菌+代謝物で虫歯や歯周病を引き起こし、口臭の原因にもなります。

原因2、加齢変化

エナメル質が摩耗され、薄くなってくると内部にある象牙質が透けて見えやすくなります。 象牙質はもともとは黄色みがかっていますが、加齢とともにその色が濃くなっていきます。

原因3、むし歯や治療後の詰め物よる変色

虫歯は白色、黄色、茶色、黒色と段階的に変色していきます。虫歯によって歯が黄ばんでる場合は、表面だけではなくエナメル質部 分まで虫歯が進行している状態です。さらに内部にある象牙質まで浸食すると茶色、神経部までいくと黒色になります。 また、治療を受けた歯でも経年劣化により「詰め物の変色」や「金属による歯の変色」が起こります。

原因4、神経がない歯

虫歯の進行や外部からの衝撃で神経感覚が失われた状態の歯は、時間とともに少しずつ黒く変色していきます。

原因5、歯の磨きすぎ

2の加齢変化にもかかわることですが、間違ったブラッシングをおこなっているとエナメル質が摩耗され、象牙質が透けて見える事 によって黄色く見えるようになります。 また、粗い研磨剤が入った歯磨き粉で磨き続けると少しづつエナメル質が削れて薄くなり、黄色い象牙質が透けて歯が黄色くなって しまう為、正しいブラッシング方法を行う必要があります。

原因6、口の乾燥

口内が乾燥すると、「洗浄効果」のある唾液の分泌量が減って、本来なら防ぐことが出来るステインやプラークの付着の原因となり ます。 口呼吸・口腔乾燥症(ドライマウス)・歯並びが悪く口が閉じにくい方にみられます。

原因7、薬品による着色

薬品の中には歯に着色しやすいものもあります。 うがい薬(ポピドンヨード、クロールヘキシジン)や液体漢方薬など、色の濃い 薬は原液ではなく薄めた状態で使用することや使用後にうがいすることが良いとされます。 また、テトラサイクリン系抗生物質や一部の抗菌剤は服用することで象牙質の黄色味を濃くする副作用が確認されています。

原因8、遺伝病などによる着色

遺伝的な病気や代謝異常によって変色することがあります。先天性ポルフィリン症、低フォスファターゼ血症、上皮小体機能亢進症、 先天性梅毒、過ビリルビン血症、母親が先天性タンパク血症、糖尿病の場合など。 遺伝病は根本的な対応が難しいので、歯科治療にて対応することが望ましいようです。

このように意外とたくさんの原因があるのです。
避けられる原因もあれば、遺伝などの自分ではどうしようもできない原因もありますが、セルフホワイトニングで白くできる黄ばみは1の食生活や生活習慣による着色です。
また、5歯の磨きすぎ、6口の乾燥、7薬品による着色なども日頃気をつけていれば回避できそうですね。

1の食生活については、下記のような食品が歯を黄色くすると言われています。

歯を黄色くする食べ物

1.レモン汁

酸性度が非常に高く歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあります。

2.赤ワイン

赤ワインに含まれるタンニンが歯に色をつけてしまいます。また液体が歯に絡まりやすいため、色素沈着をさらに促してしまいます。

3.ビーツ

調理する際、手やまな板についてしまうのと同様に白い歯もその強力な赤色に染めてしまいます。

4.コーヒー

歯の表面にあるエナメル質は、食べ物を捉えやすいように凸凹になっています。色が濃い物を食べたり飲んだりすればするほど黄ばみを起こしてしまいます。
コーヒーは酸性のため、口内の健康へのダメージも大きいです。

5.紅茶

コーヒーよりも要注意!
コーヒーよりもひどい着色汚れの原因になりこれもタンニンが原因です。

まとめ

上記の食品は要注意ですが、食べて黄色くなってしまっても、セルフホワイトニングで白くすることができます。特に日常的にコーヒー紅茶を飲む方はぜひ定期的にホワイトニングされることで、歯を白くするだけではなくコーティング効果により黄ばみにくい歯に育てて行くと良いでしょう。

関連記事

  1. セルフホワイトニングの手順

  2. セルフホワイトニングとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。